FREETEL


現在徐々に格安SIMの中でも勢力を伸ばしつつあるFREETEL

例えばヨドバシカメラやビックカメラなどの大型家電量販店に行ってみると、FREETELの端末がたくさん売られていたり、SIMカードの受付コーナーがあったりしますよね。

また、299円から利用できる格安SIMであることもFREETELの格安SIMの特徴です。

しかし、この299円という金額には要注意です。

この記事では、FREETELのサービス内容を解説します。

格安スマホへの乗り換えを検討している方は、ご覧ください。

FREETELは、自社製の端末とSIMカードのセット販売を積極的に行っている

FREETELは、端末の販売も格安SIMの運営も行っていることが特徴の会社です。

「Made by Japan」というキャッチコピーで、日本人目線で作られた様々な端末を販売していて、格安SIMとセットで購入することもできます。

格安SIMは単体でも契約できますので、ご安心ください。

FREETEL SIMはdocomo回線の格安SIMで、なかなか変わった内容です。

FREETEL SIMは、定額プランと使った分だけ安心プランの2種類を展開している

FREETEL SIMは、2種類のプランを提供している格安SIMです。

定額プランは、1GBから最大50GBまでの通信量を選ぶことができます。

データSIMの場合499円から利用でき、なかなか安価な内容と言えますね。

使った分だけ安心プランは、いわゆる従量課金制のプランです。

299円から利用できるのですが、実はこれ、100MBまでに1ヶ月の通信量が収まった場合にのみ支払う金額となります。

100MB以上使うと、それだけで1GBまでは499円の支払いとなります。

それでもけっして高くはないのですが、あまり使わない回線でもない限りは299円に支払いを抑えることはできません。

また、299円はデータSIMの利用料金。音声通話SIMなら100MBまでで999円です。

1GBまでは1199円、3GBだと1600円になります。

この通り、100MBを超えたところで高くはないものの、299円や999円に支払額を抑えることは無理と考えておいたほうが良いでしょう。

iPhoneユーザー向けのSIMがある

FREETEL SIMは、iPhoneユーザー向けの「FREETEL SIM for iPhone」を契約すればAppStoreの通信料が無料になります。

つまりAppStoreでアプリをダウンロードしても、通信量にカウントされません。

iPhoneユーザーなら、「FREETEL SIM for iPhone」を利用しない手はありませんね。

まとめ

FREETEL SIMは、使った分だけ安心プランと定額プランを選べる格安SIM。

通信量が変動するのはちょっと不安…という方は、定額プランを選びましょう。

毎月の通信量が安定しない方には、使った分だけ安心プランがおすすめです。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする