auからmineo Aプランに乗換えたら年間どのくらい安くなる?


キャリアから格安SIMに乗り換えると、月額料金は安くなります。

しかし、どのくらい安くなるのかはピンとこない方も多いでしょう。

この記事では、実際にauからmineoAプランに乗り換えた場合にどのくらい安くなるのか解説していきたいと思います。

auの月額料金は?

まずは、auの月額料金を解説します。

ちなみにau以外のキャリアも、基本的にはほとんど月額料金に違いがありません。

auでは、かけ放題か5分間のかけ放題のどちらかを契約するか、LTEプランの契約を選べます。

カケホ(かけ放題) 2700円
スーパーカケホ(5分間かけ放題) 1700円
LTEプラン 934円

そして、これらのどれを選んだ場合でもLTE NETを契約する必要があります。これは300円です。

最後に、かけ放題2種類なら「データ定額」、LTEプランなら7GBまで通信可能な「LTEフラット」を必ず契約。

以上が月額料金の内訳です。

今回は、2700円の「カケホ」に4200円の「データ定額3」を組み合わせたものを例に挙げたいと思います。

これにLTE NETの月額料金を足すと、合計7200円ですね。

mineoAプランの月額料金

続いて、mineoAプランの解説です。

mineoのAプランは、docomo回線のDプランよりも音声通話用のデュアルタイプにおける月額料金が割安に設定されています。

デュアルタイプの3GBプランは、月額1510円です。

auからmineoAプランに乗り換えたときの月額料金の差額!

auの3GBプランの月額料金は、7200円。

mineoAプランにおける3GB時の月額料金は1510円です。

差額はなんと、5690円となりました。

5000円以上も安くなると考えると、mineoに乗り換えたいと思った方も多いでしょう。

mineoAプランはau回線の格安SIMなので、auのスマホで使うことができます。

更新月が迫っている、あるいは今更新すれば違約金などがかかることを踏まえても安くなる場合は、乗り換えてみてはいかがでしょうか。

auからmineoAプランに乗り換えるときの注意点

auからmineoのAプランに乗り換える場合は、4点ほど注意が必要です。

キャリアメールは使えない

mineoでは、携帯電話用のメールアドレスが使えません。

そのため、ガラケーを使っている友人などに連絡を取る場合は事前に受信許可設定を相手にしてもらう必要があります。

通話料金がかかる

auの場合、LTEプランを選んだ場合を除いて、かけ放題が適用されます。

そのため、通話料金がかからない場合も多いのです。

一方、mineoでは30秒20円の通話料金がかかりますので、使い方によってはとても利用料金が高くなってしまうことに注意しましょう。

通信速度は下がる

mineoは格安SIMなので、通信速度が遅くなります。

比較的速度の速い格安SIMですが、お昼時などは速度が下がりますので注意しましょう。

VoLTE対応スマホは、SIMロックを解除する必要がある

VoLTEに対応したスマホを使う場合は、SIMロックをウェブサイトやauのショップで解除してもらってから、VoLTE対応SIMを契約しなければ使えません。

こちらも気をつけましょう。

まとめ

auからmineoAプランに乗り換えれば、月額料金は一気に下がります。

今回紹介したとおりデメリットもいくつかありますが、月額料金を安くしたい方はぜひ、乗り換えてみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする