白ロムスマホを格安SIMで使う方法と注意点


ネットや中古ショップで販売されている、白ロムスマホ。

白ロムはSIMフリースマホとは違い、SIMロックはかかっている中古品や新古品のスマホです。

白ロムスマホはたくさん販売されており、安いため格安SIMとの組み合わせにも最適です。

しかし、購入するに当たっての注意点もあります。

この記事では、白ロムスマホと格安SIMの組み合わせにおける注意点を解説します。

乗り換えを検討している方は、ぜひご覧ください。

白ロムのスマホは、普通に格安SIMで使える

白ロムのスマホは、格安SIMで使えます。

ドコモ製のスマホならSIMカードを入れてAPN設定をすれば、すぐに使えるようになりますよ。

auの白ロムは、VoLTE非対応の端末ならそのままVoLTE非対応のau回線のSIMカードを入れれば利用可能です。

VoLTE対応スマホは、auショップでSIMロックを解除したあとでVoLTE対応SIMを入れれば使用可能になります。

ソフトバンクのスマホは、基本的に格安SIMでは使えませんので、白ロムという選択肢は残念ながらありません。

ネットワーク利用制限に気をつける

ネットワーク利用制限には、○や△、×、そして−判定があります。

○判定と−判定は問題なく格安SIMで利用でき、△でも利用は可能ですが、×判定だと利用不可能です。

×判定のスマホ(赤ロム)が今後○判定などに変わることはありませんので、×判定のスマホは購入しないようにしましょう。

△判定のスマホは、まだ残債が残っている中古品。

今後×になると使用できなくなりますので、注意が必要ですね。

判定は、IMEI番号から判断できます。

IMEI番号を各キャリアの専用サイトで入力し、どの判定か確認しましょう。

壊れているかもしれないので、購入時に保証があったほうが良い

中古で白ロムを購入したら実は赤ロムのスマホだったということは、起こりうるものです。

また、普通にスマホ自体が壊れていることもあるでしょう。

こういった事態を防ぐために、白ロムのスマホを購入する際は保証があるお店を選ぶことが大事です。

まとめ

白ロムのスマホは格安SIMでも使えますが、ネットワーク利用制限がどうなっているか、そして端末の保証があるかは確認し、納得したうえで購入しましょう。

△判定のスマホは安く購入でき、当面は通信もできますが、突然使えなくなる場合もあります。

赤ロムになった際に保証をしてくれるショップもありますので、三角判定のスマホを買うなら保証があるショップを選ぶことが重要ですね。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする