格安SIM各社の解約金(違約金)を比較してみた


Docomoやau、ソフトバンクといったキャリアは2年契約が前提で、2年以内に解約すると9500円の違約金がかかりますよね。

格安SIMにも、最低利用期間があります。

最低利用期間を過ぎる前に解約すると違約金が発生するのですが、最低利用期間はMVNOごとに違います。

違約金も同様に、MVNOによって大きな差があります。

特に初めての契約の際は、何か不都合があったときのためにも最低利用期間が短い格安SIMを契約したほうが安心ですよね。

この記事では、MVNOの最低利用期間と違約金を比較していきます。

格安SIM各社の最低利用期間と違約金はどうなっている?

最低利用期間と違約金を、表にまとめました。

こちらをご覧ください。

なおデータSIMやSMS対応SIMの場合は基本的に最低利用期間がなく、違約金も発生しないので、注意書きのないものはすべて音声通話SIMの最低利用期間です。

MVNO名 最低利用期間 違約金
IIJmio 12ヶ月 12000円~0円(毎月1000円ずつ減少)
mineo なし なし(MNP転出手数料は12ヶ月間12420円)
OCNモバイルONE 6ヶ月 8000円
DMM mobile 13ヶ月 9000円
DTI SIM 12ヶ月 9800円
エキサイトモバイル 13ヶ月 9500円
TONEモバイル(データ・音声両方) 24ヶ月 9800円
NifMo 6ヶ月 8000円
楽天モバイル 12ヶ月 9800円
BIGLOBE SIM 13ヶ月 8000円
UQ mobile 12ヶ月 9500円
U-mobile 6ヶ月 6000円
Y!mobile 24ヶ月 9500円
FREETEL SIM なし なし(MNP転出手数料は15000円から毎月1000円減少、13ヶ月めより2000円)

最低利用期間が長い格安SIMは?

TONEモバイルは2年契約前提で、データSIMでも音声通話SIMでも関係なく2年以内の解約で違約金が発生します。

Y!mobileも、音声通話SIMは2年間の最低利用期間となっています。

サービス内容もキャリアに準じているため、こちらはそれほど違和感がありません。

まとめ

mineoやFREETELは、最低利用期間も違約金もないため、一見選ぶべき選択肢に見えますよね。

しかし、キャリアから乗り換えることを考えると、もしも自分にとって格安SIMは合わなかったときに高いMNP転出手数料を支払うことになってしまいます。

そのため、キャリアから初めて格安SIMに乗り換えるなら、最低利用期間が短いOCNモバイルONEやNifMo、U-mobileがおすすめです。

特にOCNモバイルONEは、ユーザー数が多いため、格安SIM入門にはもってこいですね。

違約金もキャリアより安い8000円です。

mineoなどを除くと、一番違約金が安いのはU-mobile。

しかし、あまり回線の評判がよくありませんので、おすすめはできません。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする