クレジットカード不要で契約可能な格安SIMを紹介


格安SIMの契約に必要なものの代表例が、本人確認書類とクレジットカードです。

本人確認書類はデータSIMなら不要な場合もありますが、クレジットカードはほとんどの格安SIMで必須となっています。

プリペイドSIMならクレジットカードは不要ですが、料金設定が高価です。

できれば普通に契約したいですよね。

この記事では、クレジットカード不要で契約可能な格安SIMを紹介したいと思います。

OCNモバイルONEは、口座振替で契約できる

データSIM、音声通話SIM共に、OCNモバイルONEは口座振替で契約することが可能です。

つまり銀行口座を持っていれば、そこから引き落としにできるということですね。

口座振替を申し込むには、カスタマーズフロントに連絡すると口座振替の申込書が届きます。

手続きの完了後に、SIMカードが利用可能になります。

ちなみに、こちらも申し込みが必須ですが、OCNの光回線などを別に契約している場合は支払いをまとめることが可能です。

BIGLOBE SIMも口座振替での契約が可能

BIGLOBE SIMも、口座振替で契約することができます。

しかし、こちらはデータSIMに限られますのでご注意ください。

さらに、手数料が200円発生します

そのため、あまり口座振替での契約はおすすめできません。

どうしてもクレジットカードが用意できないときにのみ、BIGLOBE SIMで口座振替を申し込みましょう。

そして音声通話SIMの場合は、基本的にはクレジットカードでの支払いに限られます。

ただし、BIGLOBEのインターネット接続サービスを契約しているのであれば、その支払い方法を適用することも可能です。

もしも自宅でBIGLOBEの固定回線を契約しているなら、BIGLOBE SIMは選択肢に入ってくるでしょう。

デビットカードで支払える格安SIMがある

格安SIMは基本的にクレジットカード払い。

しかし、クレジットカードと同じく番号で決済を行うデビットカードが使える格安SIMもいくつかあります。

楽天モバイルは、正式に樂天銀行のデビットカードとスルガ銀行のVISAデビットカードに対応しています。

銀行の口座なら作れるのであれば、デビットカードを発行してそれで対応する格安SIMに申し込むのが最も便利な方法ですね。

まとめ

格安SIMの中には、クレジットカード以外で支払うことが可能なものも存在します。

クレジットカードが無いからといって諦めることはありません。

口座振替やデビットカードなどで、格安SIMを利用しましょう。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする