SIMフリー格安スマホを海外プリペイドSIMで使う方法

20161105
SIMフリーiPhoneは、電波を受信できればどんなSIMカードも使うことができます。

日本で使われているdocomoやauなどだけでなく、SIMフリーの格安スマホは海外のプリペイドSIMも使うことができるんです。

この記事では、SIMフリーのiPhoneやその他格安スマホを海外プリペイドSIMで使う方法を解説します。

手順を順番に解説するので、海外旅行に行く予定がある方はご覧ください。

SIMカードを購入する

海外に行けば、プリペイドSIMが販売されています。

購入すればその金額分を通信可能なので、海外で通信をするときはSIMフリースマホを持っていけば、現地のSIMを入れて使えます

SIMカードが販売されている場所ですが、携帯ショップや空港です。

とりあえず空港で探してみれば、おそらくプリペイドSIMを発見することができますよ。

自動販売機で売られていることもあります。

SIMカードを入れて、APN設定を行う

プリペイドSIMを入手したら、SIMカードをスマホに入れましょう。

iPhoneなら「リリースピン」を挿してSIMスロットを引き出し、nanoSIMを入れることになりますね。

そして、もしもnanoSIMが販売されていなかったときはSIMカードをカットしてnanoSIMに合わせなければいけません。

SIMカッターを予めAmazonなどで購入し、持っていくと良いでしょう。

Androidの格安スマホの場合も、自分のスマホに合うサイズのSIMカードがない場合はSIMカードアダプターでサイズを大きくしたり、SIMカッターで切断したりしてサイズを合わせましょう。

SIMカードを入れたら、iPhoneの場合Wi-Fiに接続して「https://www.unlocit.co.nz/」にアクセスし、国とキャリア名を選択してからAPN設定を作成しましょう。

あとはこれで作られたプロファイル設定をインストールすればOKです。

Androidの場合は、APN設定を行いましょう。

まとめ

SIMフリーのスマホなら、海外旅行に行っても気軽に現地のSIMカードで通信ができます。

もしもdocomoなどキャリアのSIMロックがかかったスマホだと、こんなことはできません。

海外のSIMカードを使うと、利用料金を大幅に節約できます。

海外旅行に行くときは、旅行先でSIMカードを購入してみてはどうでしょうか。

当サイトおすすめ格安SIMランキングはこちら

シェアする